当院について

理念・方針・権利・ごあいさつ

理念

小出病院は、市民の安心と安全を支える地域医療センターです。

方針

  • 私たちは、保健・医療・福祉を包括的に提供できる地域医療センターを目指します。
  • 私たちは、市民の力を活かし、市民参加による市民のための病院を目指します。
  • 私たちは、常に専門職としての技術向上に努め、多職種の連携を推進します。
  • 私たちは、一人ひとりの物語を大切にした医療を実践します。
  • 私たちは、命の始まりから旅立ちまで、市民の安心と安全を守り続けます。

患者の権利

  1. 患者は、症状、検査の内容、治療方針、見通しなどについて、十分な説明を受けることができます。
  2. 患者は、説明を受けたのち自らの希望する治療を選択できます。
  3. 患者は、治療を選択するにあたり、他の医療機関の意見を聞くことができます。
  4. 患者は、人として尊厳を以って平等に扱われ、プライバシーが守られます。
  5. 患者は、自己の診療に関する記録の開示を求めることができます。

ごあいさつ

魚沼市立小出病院長布施克也

 小出病院は、1924年に地域住民の発起で設立した魚沼共済病院を端緒とし、幾多の変遷を経ながら、現在に至ります。1946年に県立病院となり、地域の中核病院として、ながく地域の方々に支えられてきましたが、2015年に、新潟県魚沼地域の医療再編成計画に沿って、新たな形に生まれ変わりました。生まれ変わる以前の小出病院の役割のうち、高度医療・専門医療については新潟大学地域医療研修センター・魚沼基幹病院へ引き継ぎ、地域住民のためのプライマリケア病院機能は、新たに当地に魚沼市立小出病院として新生しました。魚沼地域の将来の医療システムの構築に資するため、小出病院は前向きに地域医療を守り、発展させていきたいと考えています。

 よりよい魚沼の医療を創っていくためには、行政やわたしたち医療機関のみならず、住民みなさんのご協力が必要です。病院や再編成に対するご意見・ご要望などを頂きながら、一緒に考えていきたいと思います。皆様のご支援ご協力をお願いする次第です。

魚沼市立小出病院 院長 布施 克也

当院の概要

当院の概要

所在地 〒946-0001 新潟県魚沼市日渡新田34
最寄駅:JR小出駅
連絡先 TEL.025-792-2111
保有面積 新築棟/建築面積2,922.58㎡・延床面積6,034.79㎡
西病棟/建築面積1,326.94㎡・延床面積6,034.79㎡
病床数 一般90床、療養44床

沿革

年月日 変遷等の概要
大正13年12月12日 郷民の発起により魚沼共済病院を設立 同月13日開院
昭和18年11月1日 日本医療団に移管 魚沼共済病院に名称変更
昭和24年11月1日 新潟県に移管 新潟県立魚沼共済病院に名称変更
昭和26年12月28日 新潟県立小出病院に名称変更
昭和28年4月1日 新潟県立小出准看護学院を設置(昭和57年3月31日廃止)
昭和44年9月30日 改築新病棟竣工
病床数:一般203床 / 結核:40床 / 伝染:30床 / 精神:50床 計:323床
昭和55年3月31日 併設伝染病舎廃止 病床数変更 一般:250床 / 精神:100床 計:350床
平成元年9月21日 西病棟新築工事竣工(RC地下1階、地上5階、延べ6,131.7㎡)
平成元年10月4日 人工透析業務開始
平成2年11月9日 精神病棟30床増床 一般:270床 / 精神:130床 計:400床
平成7年3月15日 MRI棟竣工
平成15年7月1日 地域医療連携室設置
平成16年6月21日 病医院機能評価認定(複合病院種別B)
平成16年10月23日 中越大震災発生により病院建物一部被災
平成17年5月1日 許可病床数変更 一般:253床 / 精神:130床 計:383床
平成18年12月1日 稼働病床数変更 一般:230床 / 精神:100床 計:330床
平成20年3月2日 魚沼市休日救急診療室の開設
平成20年5月31日 磁器共鳴断層撮影装置(MRI)更新
平成21年8月21日 透析患者監視装置3台増設(合計24台)
平成23年4月1日 包括医療支援センター設置
平成23年9月1日 放射線画像管理システム(PACS)本格稼働開始
平成27年6月1日 魚沼地域の医療再編により魚沼市に移譲
魚沼市立小出病院に名称変更
許可病床数 一般:90床
平成29年4月1日 許可病床数変更 一般:90床 / 療養:44床 計:134床

当院の様子

魚沼市立小出病院総合待合ホール
総合待合ホール

吹き抜けになっており、明るく開放的で、待ち時間もリラックスして過ごせます。

魚沼市立小出病院エレベーター
エレベーター

珍しいスケルトンタイプですが、昇降音はとても静かです。

魚沼市立小出病院外来待合
外来の待合

幅が広く明るいので、快適に過ごせます。

魚沼市立小出病院総合受付
総合受付

わかりやすい案内表示でご案内します。

部門の紹介

看護部

  1. 活気あふれる職場
  2. 一人ひとりの生活に視点をおいた支援
  3. 仕事への責任と学ぶ姿勢を常に持つ
  4. チーム医療の調整役

以上を目指し、市民の安心と笑顔をハートフルケアで支えます。
看護部の詳細

薬剤科

薬剤部では、調剤・薬剤管理指導・医療情報管理・無菌調剤・製剤など様々な業務を行っています。医療チームの一員として薬を安全かつ適正に使用していただけるようサポートします。

検査科

検査科の役割は、「正確な検査データを迅速にわかりやすく臨床に報告し、得られたデータを診療に役立つように管理・提供すること」と考えます。「どんな検査?」「何がわかるの?」に答えていきます。患者様・医療スタッフの皆様に信頼される検査室になるように、日々明るく元気に検査に励んでいます。

放射線科

放射線科では、一般撮影装置をはじめ、CT・MRI装置等の医療機器を使用し検査を行っています。患者さんに質の高い医療を提供するために、常に最新の医療情報を把握するよう努めています。また、近年では検査による放射線被曝を気にされる患者さんもおられます。被曝低減に努めていますが、検査への不安や心配等がありましたら、お気軽に放射線科スタッフにお声かけ下さい。

栄養科

栄養科では、入院中の患者さんの病気に合わせて適切な食事を提供するとともに、食事の時間が入院中の楽しい時間となるように心がけています。

リハビリ科

リハビリテーションの小出病院を目指して
魚沼市立小出病院のリハビリテーション部門は、一部急性期から、主に回復期、維持期を担当するようになります。魚沼基幹病院と連携して、リハビリテーションは急性期から維持期まで、魚沼で完結することを目指していきます。現在は、急性期の治療が終わると、多くの患者様は長岡方面のリハビリテーション病院へ転院をしていただいております。これは、患者様、ご家族の方々に精神的・金銭的な負担を多くかけることになります。
新病院では、「リハビリテーションの小出病院」のスローガンで、魚沼基幹病院の患者様が早く小出病院へ転院したい、と言っていただけるような病院にしたいと思います。具体的には、入院患者様へは、土曜日、日曜日のリハビリテーションを提供(今年度中に開始予定)、ゆくゆくは365日のサービス提供を目指したいと思います。維持期は現行の堀之内病院での訪問リハビリテーションの継続に加え、訪問看護リハビリステーションでの訪問サービスの提供を開始いたしました。来年度以降も更なるサービスの提供を検討しております。

地域医療福祉科 地域医療連携室(医療福祉相談室)

地域医療連携室(医療福祉相談室)は地域のみなさまに安心して病院をご利用いただけるよう、地域の医療機関、保健福祉施設や行政機関等関係機関との連携を図り、地域医療を推進します。


主な業務
  • 医療連携(診療予約、CT・MRI・骨密度検査予約)
  • 医療福祉相談・退院支援
  • 広報・情報発信
  • 地域連絡会の開催
  • 療養病棟入院相談窓口

地域医療連携室(医療福祉相談室)の詳細

事務部(医事)

医事係の主な仕事は、窓口業務、医療情報システムの管理・運営、診療報酬の算定やレセプト業務等のほか、施設基準の決定や会計業務などを行います。

訪問看護・リハビリステーションさくら

当ステーションでは、看護師や理学療法士が、お住まいを訪問し、療養生活を送っている方の看護や機能訓練を行います。病気や障がいがあっても住み慣れた自宅で、自分らしく過ごしたいという思いを笑顔と真心で支援させていただきます。
訪問看護・リハビリステーションさくらの詳細

小出病院地域医療教育・研修センター


地域医療研修事業

地域医療研修プログラムにより、県内外からの研修医を受け入れます。



地域の保険衛生向上のための協力・援助及び啓発活動

地域医療魚沼学校の事務局として、地域医療魚沼学校の活動を支援します。


ページトップへ